人気ブログランキング |

タグ:動物 ( 5 ) タグの人気記事

 

<ブルガー動物園>自然のままの動物たち

a0289037_15274426.jpg


最近は秋晴れつづき! 住宅街でも公園と自然がいっぱいのドイツ、こちらでは特に変わった街並みではないけど、はーキレイ~♪
カサカサ落ち葉の音と秋の香り・木漏れ日キラキラ。 気持ちのいい時季だな~。

来月2歳になる次男くんも、動物(なんでも「ワンワン」)に反応するようになったので、動物園へ行ってきました!

4年ぶりにオランダの動物園「ブルガー動物園」まではデュッセルドルフから車で約1時間半。
オランダの郊外にあって、動物園の概念が変わったくらい、も~本当に広大。
4年前には歩き疲れて回れなかったエリアを中心に見て来ました。
長男はさらに反応よくなってて、好奇心いっぱいな様子。 
なぜか特に亜熱帯エリアの植物に「みてみてー!珍しい花だよ! これ写真に撮って!」など興奮。

a0289037_15281857.jpg
a0289037_15284263.jpg
↑この倍以上ある広場は「サファリエリア」で、シマウマやサイ、キリン他、馴染みの無い動物達が群れだったり個別だったりと、ゆったりと過ごしていました。
キリンだけ数えたら10頭はいました。
動物たちの近くを通る歩道橋があります。
サファリエリアのレストランは、動物たちを眺めながらという他の無い絶景ロケーション!
ここでランチ♪ 


a0289037_15293038.jpg

ここもまた、迷路のように広かった「砂漠エリア」で、前回は完全にスル―してた!
でも面白かったです。
こんな場所を歩いていると、横でトットットッ と小さなイノシシ達や、飛べない鳥(ニュージーランドやオーストラリアにいる)が走ってるのです。
長男(6歳)は「オオハシラサボテン」を見つけて喜ぶ。 この年齢くらいだと何かに急に詳しくなるみたいね。

a0289037_15295844.jpg


やはり前回、まったく見なかった「海の生き物」エリア。 前回も普通に3時間は過ごしていたと思うのに。

サメなどもいたけど、どこまでも奥行きあるサンゴやイソギンチャクいっぱいの海底が見事でした。
さすが100年の歴史ある動物園!

この動物園は、動物それぞれの生息地に出来るだけ近づけた "Eco-display" という環境作りをしているのです。 なので気温(特に湿地帯や砂漠エリア)や植物なども近づけていて、それぞれの場所に
踏みこんで歩くのが新鮮でした。

トップ写真の湿地帯(滝とかまである)を歩いていると、人だかりがあったので
「何かいるのかな? ワニかな?」
と見ていると、ゆっくりゆっくり・・・ マナティーが泳いできたのでした!!
ゆっくり感がまたリアルで興奮!

a0289037_15305811.jpg

餌の時間のメスライオン達。 オスの周りにメスがいっぱいで、本当にハーレム世界。



a0289037_15432356.jpg

ぽかぽか陽気の日中は、お昼寝タイムの動物が多かったよ・・・


a0289037_15321324.jpg

アスレチック遊具が充実!!な公園が室内外にあり、子供たちは歩き疲れてただろうに
目を輝かせて遊び始めた!
そんな公園横にもレストラン・カフェがあるので、休憩しつつ長時間じっくり過ごすのがいいかな。



a0289037_1533965.jpg

松林の中の駐車場、秋の日曜日はいっぱい! でも続々と入ってましたよ。

※一部、4年前の文と写真がありま~す♪
今回で全部回れて満足! ちょっと遠いけど、お勧めスポットです。




<ブルガー動物園 Burgers' Zoo>
ちょうど設立100周年記念です!
http://www.burgerszoo.nl/
Antoon van Hooffplein 1
6816 SH Arnhem, Nederland
tel 026-442 45 34
入場料:大人 19ユーロ、子供4歳~17ユーロ!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by yuck2012 | 2013-10-01 19:34 | デュッセルから半日~日帰り観光  

<wildpark>森の中の公園は・・・動物園!

a0289037_355965.jpg


5月頭のはずだけど写真を見ると↑ 冬用コートを着ている子供たち。
ようやく深緑がキレイになってきたけど、まだ寒い日々もある・・・という頃です(今も。不安定な気候だなあ。)

↑ 動物園!?? と思われるほどの広大~~ で、動物に触れあえる公園が
デュッセルドルフという都会の端っこの森の中にあります。

鹿は、柵をかるがると越えて(!!) 人の前をうろうろ。 

この柵は、ヒトが通る路を示すためのものみたいです。 鹿は自由だけど、ヒトはここを歩けよ、みたいな。

a0289037_37183.jpg


数年前に初めて訪れたとき、遠目に巨大なアカシカが見えて、「こっちに来るね~」 なんて言っていたら
「あれあれ、どこまで来るの!??」
「え? 柵がないんじゃない、ここ??」

と、あっという間に長男は取り囲まれたのでした。 (↑柵内にいるけど、自由に行き来していた鹿)
この写真は6月の終わり。
大きな角が生え始めていて、まだうっすら産毛に覆われているのです。
今回訪れた5月頭という時期は、ちょうど抜けてすぐだったみたいで、黒い丸い穴が2つあるように見える鹿をたくさん見ました。


a0289037_38570.jpg

デュッセルドルフ市は空港やメッセ会場もある都会だけど緑豊かな公園がたくさん。
その中でも個人的には 「ノルドパーク」(「北の公園」「ズードパーク
(南の公園)
、そしてここ
「ヴィルドパーク」(森の公園)が、市内の地理を表している市の代表的な公園なのかなと思っています。

1927年から公園があったこの森に、
1944年の戦争中に30エーカーの広大な森公園としてオープンしたとのこと。(wikiと公園HPより)
一旦閉鎖され、またリニューアルされ、現在では40エーカー弱の敷地とのこと。
様々な種類のシカとイノシシ、アライグマ、ヤマネコなどが見られます。



a0289037_383158.jpg

イノシシは、こんなかわゆい瓜坊がいっぱい♪♪ 


a0289037_385324.jpg


そしてイノシシの敷地もまた・・・広~い!!

ところで数年前にはみんな市販のパスタを動物たちに餌として与えていたようで
(カモにパン屑をやる感覚で。) いっぱい落ちていたけど、今では禁止されリンゴやバナナなどの
自然フードをお願いする看板が出ていました。

a0289037_394812.jpg


佇むシカさん。


a0289037_3102269.jpg


子供がいっぱい遊べる公園も敷地内にありますよ^^
空いて見えますが、すぐいっぱいになりました。

そうそう、動物の種類は少ないけど動物園と言えるこの広い公園、入場無料♪
カフェなどはないので、お昼と重なりそうだったら何か持参して気ままにピクニック!

a0289037_3111774.jpg

たまに見かける珍しいショベルカー式の遊具、長男も今では使いこなせるように!


a0289037_3114027.jpg

次男くんはこういうお馬さんの玩具が好き♪ 



a0289037_3123941.jpg

静かな水辺。

幼稚園生、小学生が課外授業で使いそうな小屋(↑じゃないよ)もあり、
この公園に生息する動物や植物についてなど誰でも楽しく学べるようになっている。ドイツ語がもっと分かればなあ!!
↑ この小屋はまだ使われてるのかな・・・。 池では、水辺の生き物についても学ぶんだろうな。
いいとこです♪

<ヴィルドパーク Wildpark>
http://www.duesseldorf.de/stadtgruen/wald/wildpark.shtml
tel: 0211-651903
トラム703,709,713 Auf der Hardt 徒歩15分
オーバーカッセルから車で約15分 駐車場あり
9時~季節により15時まで・19時までなど

↓ ◆参考になったな~と思われたら是非クリック(一票みたいなもの)してください♪◆

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


◆ご参考にして行かれたときには、掲載から時間が経っていてもコメント入れてくれるととても嬉しいです!!宜しくお願いします。◆

by yuck2012 | 2013-05-22 04:20 | デュッセル市内  

<クレフェルド動物園>たまには動物に癒されに・・

a0289037_1914458.jpg


・・・12月になっちゃいました!! この週末に合わせて家の中を
クリスマス☆に飾ったり、いろいろと細々うごいております。
更新が少し開いたけど、体調をまた崩したわけではなく元気です!

クリスマスの話の前に、先月(まだ秋)に動物園に行ったので
そのときのことを・・・。
車でさっさと行ける動物園で、幼稚園の遠足先になることも多いようです。
(割と回り易い規模・複数の遊び場あり)

アフリカの動物とかドイツの冬は大丈夫かな?
動物園は、年中開いているけどやっぱり室内管理の時間が多くなるのかな。

a0289037_1921415.jpg


ドイツで動物園に幾つか行ったけど、どこも敷地内の自然が豊か!
広~い公園内を散策しつつ見たことも無い動物が近くを歩いている・・・
「ありのままの動物を知る」という意識が最初からあるみたいです。
なので、
サバンナの動物達は、ものすご~く遠くに見えていたり。
↑ 名前忘れたけれどアフリカの鹿に、右にはマヌケな顔がかわいいカピバラもいます。

正直、こちらで幾つか動物園に行った後に東京上野動物園に訪れたときは少なからずショックでした。
でも歴史で見ると画期的だったんだろうな。

a0289037_1925893.jpg


餌をあげてみる長男。  このラクダの大きさに驚嘆!

a0289037_1932722.jpg

a0289037_19531867.jpg


動物園といえばファミリー多し・・・な印象のとおり、
どこの動物園(我が家が訪れた数か所だけど)も子供遊び場が充実していて大人気。

サファリのようなスリルは無いし、のんびり歩きつつ動物たちをワイワイ観察し・・・に飽きてきた長男にgood!
カフェレストランが併設していて
大人は休憩・・・ と、上手く出来ています。

a0289037_1935020.jpg


背景の黄葉と合わせてなんて美しい・・・と思った「サル山」。

サルはニホンザルではなく、マントヒヒみたいでした。

a0289037_1941192.jpg


クローズアップ!  

この毛の生え方も自然の不思議・・・。  寒いのに・・・下半身に何か履かせてあげたい。

ほか、トラやシマウマ、象などよく知る動物もたくさんいて
長男は走り寄っていました。
成長するにつれ、反応がどんどん良くなっていました!
次男くんは・・・  目の前に来たヤギとかかな~。^^



<ZOO Krefeld>
Uerdinger Straße 377
47800 Krefeld
tel: 02151 - 955 20
デュッセルドルフから車で30分ほど
http://www.zookrefeld.de/
入場料大人9,5ユーロ やっぱ動物園はちょっと高い
子供15歳まで無料




ブログランキング・にほんブログ村へ



by yuck2012 | 2012-12-02 19:59 | デュッセルから半日~日帰り観光  

<アドベンチャー公園>火遊び!

a0289037_1722317.jpg


この前、1歳になったばかりの次男が2歩歩きました!
長男もそうだったけど、歩くときものすごく嬉しそうな顔をします。
歩けるって、嬉しいことなんだな~!と感動。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

美しい黄葉も散り、公園では冬の遊びに移り変わっています。
長男が幼稚園帰りに足繁く通っている動物もいるアドベンチャー公園(←前の記事にリンク)、
秋にはクルミ拾いや、水遊びの終わった池でカヌー遊びをしていましたが
今は「火遊び」!

恋の駆け引きとかではなくてね・・・^^
文字通り、そこらじゅうに落ちている枝を焚火に投げ入れたり、持ったまま燃やしてみたり。
もっとお兄ちゃんになると
板きれの先を赤々と燃やして、すぐ石の上に置き、別の子が石でガンガン!と打つ「鍛冶屋のマネっこ」遊びをしていたり
焚火があるだけで子供たちは多くの遊びを編みだしては何かを学んでいるようです。


a0289037_1715412.jpg


寒くなってからは毎日、公園の管理スタッフが焚火をしてくれます。

そこで枝の先にマシュマロを差して焼いて食べるのが日々のおやつ! 
この日はパン生地を作ってくれたので枝に巻いて

「もう焼けた?」「ちょっと焦げた方が美味しい!」「中は柔らかい!」

とみんなでワイワイ食べました。 焚火での焼き立てマシュマロやパン、美味しいです^^

a0289037_17142969.jpg

落ち葉や砂でマイペースに遊ぶ次男くん。
(長男が同じ時期に来ていたスキーウェア着用。 
焚火から離れると、こんな格好がちょうど良いくらい寒いのです)

この向こうに一人でいるboyも一人で黙々とバケツに砂を入れてはザザーッと出していてなんだか可笑しかった。




ここで知り合う年齢もバラバラな子供たち・・・
四季折々の遊び・自然や動物相手のたまにスリリングな遊びを通して、
互いに心と体が成長しているんだろうな。


Abenteuerspielplatz
アーベントイアー(アドベンチャー)公園
平日の14時半~18時半(夏季は19時まで)
Brüggener Weg 8
40547 Düsseldorf
バス828,834,836[Niederkasseler Kirchweg]徒歩5~10分
バス833[An der Apfelweide]徒歩5~10分




ブログランキング・にほんブログ村へ



by yuck2012 | 2012-11-26 17:35 | 〃<アドベンチャー公園>  

<Sudpark>秋の木漏れ日

a0289037_1852236.jpg


昨日の10月3日はドイツ独立記念日の祝日で、今年はその日に在住日本人が集結した
一大イベント 「ソフトボール大会」でした!!
この日のために主人ほか同僚サン達が練習を積んできました。 運動不足解消に良かったね。
参加(応援)した人でここを見る人がいるのかな? お疲れ様でした!
大規模なので長丁場だし途中雨に降られて、子連れで大荷物持って体育館に避難民のように避難するなど大変でした。 
いつも雰囲気は楽しいし嫌いではないんだけど・・・グッタリ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

a0289037_20112269.jpg

その前の天気のよい日にズードパークへ出かけました。
秋薔薇は思ったほど咲いてなかったんだけど・・・
水辺が多くて、木漏れ日がキラキラ反射してきれ~いでした^^
ノルドパーク=北公園、
ズードパーク=南公園 という意味で、ノルドパークと同様に広大で様々な過ごし方ができます。 
歴史は少し古い(1890年代)で、その後拡張し70ヘクタールという広さ。
広々とボール遊びなどが出来る平地や複数の池、カフェレストランにbioショップ、
手作り風な小さな家々(実際に老後を悠々自適に過ごしていそうな方々が住んでいえる)が並ぶ住宅地、
また
「英国庭園風」に几帳面に仕切られた花と水辺が美しい区画・・・が敷地内にあります。

a0289037_20145524.jpg


a0289037_20145011.jpg
赤いベビーカーの方は数年前の長男、もう一つは次男の写真。

ノルドパークにはない魅力の一つは、動物がいること!
草を差し出すとムシャムシャ食べてくれるヤギさんや、泥にまみれた巨体の豚さんなどがいます。



a0289037_20281451.jpg


a0289037_20281657.jpg


カフェレストランは子供の遊び場(あと有料のミニゴルフスペース)と繋がっているので
食事に飽きた子供がタタタ~っと遊びに行ってしまっても
視界が届くし親としては有難い環境です。
 食事の写真も実は数年前のもの。  つい先日はオープンテラスが埋まっていて
外でのんびり食べたかった(+次男くんに離乳食をあげたい)私は隣のbioショップでパンと紅茶を買って
砂場ちかくのベンチに座って食べていました。

カフェレストランやショップ、ガーデン、畑の手入れなどのスタッフには
知的障害者が多くいて、にこにこ大きな声で挨拶してくれたり
通常より注文に時間がかかったり・・・、 
遊びに来た人々もそのゆっくり大らかな雰囲気にのまれていました。



<Südpark ズードパーク>
Uバーン Oberbilk/Wersten
,Siegburger Str,
Werstener Str など、広大なので
行き方はたくさんあります。。
オーバーカッセルから乗り継ぎなしで行けます。
例 Provincialplatz駅で降りると園内カフェまで
池周りを歩いて約15分
http://www.duesseldorf.de/stadtgruen/park/suedpark/index.shtml



a0289037_2049883.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by yuck2012 | 2012-10-04 23:02 | デュッセル市内