人気ブログランキング | 話題のタグを見る

<Dusselstrand>屋内プールは大盛況!

<Dusselstrand>屋内プールは大盛況!_a0289037_18503623.jpg

↑ これで半分くらいの広さが見えています。 外にもプールあり。

ドイツの5月は連休が多く、昨日までの週末も(金曜を休めば)連休でした。
幼稚園は、最初からお休み。
今回は旅行はせず、その日暮らし・・・これがのんびり出来てけっこう良かった!
近くへの日帰りお出掛けをして旅行気分を味わえるというのは、お得感もあり嬉しいこと♪

連休中、1度は長男の大好きなプールに行こう! ということで、市内の室内プールに行ってみました。
「こんなところに!?」と思われる、
家から街の中心地寄りの、アパートメントがぎゅうぎゅうに並ぶ界隈に埋もれるようにありました。でも、広い!
ドイツではよく、
「入口サイズは日本と変わらないのに、中が広い!!」に驚かされますが、ここもそう。

<Dusselstrand>屋内プールは大盛況!_a0289037_18525531.jpg

室内プールはいくつか行っているけど、どこも広大で赤ちゃん、幼児、大きい子+大人向け・・・と
きちんと分かれています。
そして大人向けの方には、遊園地並みの滑り台がある!! 
(←私はこれがしたかったけど、長男がまだ怖がったのでせず・・・。)

ここは、ベビーちゃん用♪ 
次男くんは、長男のお古の水着を着て、真剣な表情でずーっと遊んでいました。

こんな施設が、私たち家族の場合ファミリー券で1日 1200円程度で利用できるって、安い!?
普通に泳ぎを練習する25mプールもあり、
そちらは回数券利用者が多いのかな~と思いました。

<Dusselstrand>屋内プールは大盛況!_a0289037_1853189.jpg

長男は、子供向きのプールで遊ぶ遊ぶ! まさに水を得た魚。

日本でよくおじいちゃん(私の父)にプールに連れて行ってもらってて、すっかり泳げる自信を持っています。



<Dusselstrand>屋内プールは大盛況!_a0289037_18533751.jpg

プールサイドに、小さいカフェレストランがあります。 軽くランチ休憩して、また遊んだ!

よく見ると、山もりポテトに(手前は)1本のぶっといソーセージがどん!と。 ドイツらしいファーストフード。

次男くんもポテトをぱくぱく食べてます。



日本人が多いデュッセル市内なので、水着でいるときにバッタリ知ってる人に会ったら恥ずかしいなぁと
思ったけど、ぜんぜん会わなかった。^^
 でも連休の中日(天気予報はイマイチ)は、とっても賑わっていました!!

日が差し込みやすい造りだから、うっすら日焼けも出来るからかな、プールサイドやプール内で、
な~んにもしないで座っている人も多かったです。  そういう理由で、プール好きが多いのかも。
※ ドイツ人は、日本人女性と違って日焼けしたい人が多いそうです 





<Dusselstrand>
http://www.baeder-duesseldorf.de/baeder-und-saunen/freizeitbaeder/duesselstrand/startseite.html
住所: Kettwiger Straße 50, 40233 Düsseldorf
tel: 0211-821
平日 6時半~22時、 土日 9時~20時
料金形態いろいろ。
例)土曜 大人2人+子供1人(~14歳)の3人ファミリー価格11,65ユーロ


↓ ◆参考になったな~と思われたら是非クリック(一票みたいなもの)してください♪◆

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


◆ご参考にして行かれたときには、掲載から時間が経っていてもコメント入れてくれるととても嬉しいです!!宜しくお願いします。◆

# by yuck2012 | 2013-05-13 19:39 | 室内施設  

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_6155415.jpg


話題が古くならないうちに頑張って更新しようと思いまして・・・!
前回の「キューケンホフ」オランダのチューリップ園に繋げる話です。

このチューリップ園、私の周りでは、デュッセルドルフ市から日帰りで行けてしまう距離なので、日帰りで訪れる人が多いです。
日本からもメインスポットとするツアーがある有名な場所なので、苦にはならないのでしょう。

でも、ちょっと足を延ばせば「北海」だし、
周辺の町もオランダ田舎らしい可愛い家が多いです。
ホテルに泊まれば、のんび~りこの海沿いの町でサイクリングしたり日光浴をして過ごす近隣諸国からの観光客が多いことに気づかされます。

↑ 海水浴シーズンには早いので、独占状態で遊べる浜辺。 

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_6195233.jpg

北海の砂浜からずーっと続いている桟橋のような道。 

私たちが車道沿いにいる間、長男はここで遊んでいました。

なぜ車道沿いにいたかって??  それは・・・ 花パレードを見学するためです! ↓↓



<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_621498.jpg


南極のおうちをイメージ!?? 涼しげなブルーのグラジオラス、白のカラーなどなど
高級な花々をフンダンに飾る山車が続く「フラワーパレード」です!

海からスタートし、「キューケンホフ」の公園内も巡るので、時間を合わせたらより賑やかで楽しめそう。
日程やルートは毎年キューケンホフのHPにアップされます。

子連れの我が家は「さすがに混み過ぎるだろう」と公園内での見学は避けて、
朝一番、スタート地点の海に向かったのでした。
混雑具合は 「まわりの人々に親近感が沸く」程度で、決められた駐車場に車を置いて
ぞろぞろと人の波に着いて行きました。 

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_6221139.jpg


2月の仮装カーニバルのようにお菓子が降ってくることはなく、花の香りを漂わせつつ進む和やかなものでした。

でも生花をこんなに使って、仮装カーニバルの山車より何倍も何倍も、お金がかかっていそう。

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_622421.jpg


これはオバケタコ? テーマはよく分かりませんでしたが
1,2日しかもたない山車のために大量の花が使われているということに、花好き国民のオランダ気質を見た気がしました。
自転車にもよく花を飾ってるものね、オランダ人。

次々と登場していたけど、長男が飽き始めてたので
途中で「海辺で遊ぶ」方にシフト・・・。

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_6233854.jpg


北海の穏やかな波と自然なままの砂浜に感動して、翌年は海沿いのホテルを予約し
翌朝にキューケンホフというスケジュールでした。

海に繋がるこんなラグジュリアスなテラスがあるホテル♪ 
1泊だけの贅沢も、ここオランダの田舎ならリーズナブル。
日本のビジネスホテル代くらい。

<キューケンホフ>ついでの楽しみ方♪北海&花パレード_a0289037_714497.jpg

何も無い浜辺だけど、コロコロ転がってとても楽しそうだった数年前の長男。
ドイツ生活で海を見ることはほとんど無いので、
浜辺を裸足で、気の向くままに歩くだけでもとってもいい時間なのでした。





<キューケンホフ Keukenhof>
http://www.keukenhof.nl/de/
address:Stationsweg 166a
2161AM LISSE
2013年は3月21日~5月20日まで。例年そのくらいの期間。
ただしチューリップの見頃は期間中ごろ・とくに4月後半がいいかと思います。
入場は朝8時半~夜19時半まで
入場料大人15ユーロ、子供7,5ユーロ 前売り券あり
デュッセルドルフから車で約2時間半+混雑具合による


↓ ◆参考になったな~と思われたら是非クリック(一票みたいなもの)してください♪◆

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


◆ご参考にして行かれたときには、掲載から時間が経っていてもコメント入れてくれるととても嬉しいです!!宜しくお願いします。◆

# by yuck2012 | 2013-05-10 07:16 | デュッセルから半日~日帰り観光  

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_1751421.jpg


今年は冬が寒かったので、桜をはじめ春の花の開花が遅かったです。
例年だと、オランダの有名なチューリップ園「キューケンホフ公園」は4月中ごろ~4月いっぱいくらいが見頃ですが
今年はこの週末くらいまでチューリップが(種類によっては)あるのかな~と思います。
期間中でも時季が早すぎたり遅すぎると咲いていないところが多々ありますが
そこは温室のテーマ別に活けられた花々やチューリップ以外の花で頑張っています。
(HPのスケジュール参照。 これから20日までアジサイが加わるそうです)

私は実は・・・花が好き! ここキューケンホフ公園にも複数回、訪れています。

オランダの北海側、ほとんど端っこに位置しているので、日帰りで訪れようとすると
ドイツから車で2時間半以上、
混雑具合によっては入場できるまで+1時間はかかりそう。
デュッセルドルフからは「日本クラブ」という日本人の市役所のようなところから、
また、各所の日本人向けツアーから日帰りツアーが出ています。

我が家は1泊(前泊)して、のんびりスケジュールで訪れるスポットです。 
花パレードやすぐ近くの北海など、
公園以外の楽しみ方は、次回に書くことにして・・・と。

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_17131055.jpg


ミツバチになったような気分になるキューケンホフ!
オランダらしく水辺も多くて実にすがすがしく、お散歩が楽しい場所です。
マイナスイオンと花パワーで、腰痛とか治りそう。

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_1761491.jpg


チューリップはもちろん多いし、緑や水辺も多い。
広大な敷地なので、かなりな入場数だったと思われる週末でも
こんな写真を至るところで撮ることができます。

数年前のこの写真は、日本向け年賀状に使いました♪

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_1773041.jpg

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_1711923.jpg


↑ 2枚は、公園のまわりの畑です。 さすがチューリップの国、オランダ!
ドライブだけでこんな景色を堪能。 

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_1791498.jpg


公園の端にある風車と、敷地の向こう側に見えるチューリップで縞々に彩られた畑!

<キューケンホフ>*これがオランダのチューリップ!*_a0289037_1794417.jpg

ヨーロッパでも綿菓子の露店はポピュラーみたいです♪



その他、日本庭園(!日本が誇る文化ですね!) があったり、子供の遊び場や動物に触れられる場所、
テーマ別のフラワーアレンジが展示されている室内施設、
そしてもちろん複数のカフェレストラン・・・。

かわいいオランダグッズが並ぶ土産店も見て、3時間もあれば十分回れるのではないでしょうか。
うちは休憩しつつ、もっとゆっくりしてたかも。

見頃を迎えた頃の快晴の日曜日、公園の入り口から高速まで車の大渋滞が出来ていました!
計画的にお出掛けください♪ 





<キューケンホフ Keukenhof>
http://www.keukenhof.nl/de/
address:Stationsweg 166a
2161AM LISSE
2013年は3月21日~5月20日まで。例年そのくらいの期間。
ただしチューリップの見頃は期間中ごろ・とくに4月後半がいいかと思います。
入場は朝8時半~夜19時半まで
入場料大人15ユーロ、子供7,5ユーロ 前売り券あり
デュッセルドルフから車で約2時間半+混雑具合による


↓ ◆参考になったな~と思われたら是非クリック(一票みたいなもの)してください♪◆

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


◆ご参考にして行かれたときには、掲載から時間が経っていてもコメント入れてくれるととても嬉しいです!!宜しくお願いします。◆

# by yuck2012 | 2013-05-07 18:00 | デュッセルから日帰り~1泊観光  

<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!

<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_529202.jpg


このブログはいつも更新しているときは「次は明日か明後日にでも!」と張り切るんだけど
サラッと頭から抜けて1週間に1度ペースになっちゃっていますね~・・・。
3月末のイースター連休に訪れた「シュパイヤー技術博物館」、男の子や男性(大人グループも多かった)が喜ぶヒコーキ・ヒコーキ・ヒコーキ、車・車・車・・・ な施設を紹介します。

デュッセルドルフから日帰りで行けないことはないけど、ちと大変・・・という片道約3時間ドライブの
「シュパイヤー」という町にあります。 

小さい子連れでゆったり旅が好きな我が家は、4連休だったこともあり2泊も。
ほかの時間は、マイナーながら世界遺産に認められているシュパイヤー市内を散策するなどしました。

トップ写真は、ドイツ最大の航空会社「ルフトハンザ」のジャンボジェット!
こんな風に、多くのヒコーキが野外に所狭しと浮かせて展示してあり異様な光景です。
よく見ると、
ジャンボジェットのお腹から超ロング滑り台がある!  
私(遊園地好き)は滑りたかったけど長男がさすがに怖がったので、大人しく階段で下りて来ました。

<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_425592.jpg


↑ 野外展示の一部です。 狭い潜水艦の操縦桿を握って興奮気味の長男。^^
ほか、どの飛行機でもこのような操縦席・コックピットをじっくり見学することが出来ました。
「ベルリンの壁」は、こうして分解されたものが今はドイツの至るところにあるそうです。

なぜか主人が、すべての戦闘機の製造国や目的、名前を当然のように知っているのが不思議でした!
女子が花の名前をいつ覚えたか分らないけど知っている・・・というように。

<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_5343578.jpg

前後するけどジャンボジェットの中。 


<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_5314972.jpg

なんと、翼の上にも登れます。 
もちろん上ろうとする私と、「怖いよ、危ないよ」 と止める長男。

普段はやんちゃでハラハラさせられるけど、無理はしない慎重な面も持っていて親としては安心^^



<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_4284939.jpg

でも上っちゃったママ。 敷地全体を見回せました。




<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_4301947.jpg


室内施設は大きく分けて2か所あり、こちらは宇宙編。
長男がレゴ作りでも大好きな「スペースシャトル」があり、目を輝かせていました。
男の子には、夢をふくらませてくれる場所でした!

ここでも思いがけず主人の「これは旧ソビエトの『ブラン』というスペースシャトルだけど、
ソ連崩壊で一度も宇宙には行っていない・・」という説明を聞くことが出来ました。
ボディの表面をよく見ると四角い紙をペタペタ貼ったようにも見えるので
私は「張りぼて」呼ばわりしたのですが、主人によると「セラミックを使った耐熱タイルを敷き詰めている」とのこと。

<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_4315634.jpg


もう一つの室内施設は、「車」、しかも20世紀初頭~中ごろくらいのクラシックカーがぎゅうぎゅうに展示されていました。
ほか、収集のつかない少数の乗り物各種もここに詰められていました。

上流階級のベンツやロールスロイスが多いからか、こんな貴婦人たち(男性もあったけど)のマネキンまでが
雰囲気を演出していました。
私はこの時期の女性のファッションが面白いと思って、注目。

<シュパイヤー技術博物館>ジャンボジェットの腹からロング滑り台!!_a0289037_439510.jpg


様々な乗り物の遊び場もあり、あますことなく楽しませてくれました。
これは長男の背が足りないアトラクションだったので、私が。
長男は「また明日来たい! だめ? でも、いつかまた来たい!」 ととても気に入った様子。

・・・ 

この施設に隣接するホテルもありますが、シュパイヤーや近隣の街も
ドイツの古く可愛い佇まいが残る地域で宿泊に良いです。

施設内にはカフェレストランがあり好きな方は1日過ごせることでしょう。
とても好きな方らしき男性の旅行記が、各乗り物の詳しい説明をしていて参考になるので
勝手にリンク→→ 
http://www.hoshizora.de/shishido/speyer200909/speyer200909.html




<Technik Museum Speyer シュパイヤー技術博物館>
http://speyer.technik-museum.de/
Am Technik Museum 1 67346 Speyer
tel: 06232-6708
デュッセルドルフから車でフランクフルト方面へ約3時間


↓ ◆参考になったな~と思われたら是非クリック(一票みたいなもの)してください♪◆

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


◆ご参考にして行かれたときには、掲載から時間が経っていてもコメント入れてくれるととても嬉しいです!!宜しくお願いします。◆

# by yuck2012 | 2013-04-29 06:35 | デュッセルから日帰り~1泊観光  

<EKO-Haus>**桜満開**陽光キラキラ☆

<EKO-Haus>**桜満開**陽光キラキラ☆_a0289037_574465.jpg


ドイツはいつまでも寒くて春がなかなか来ないと嘆いていましたが
ついにブワッ!!と桜が咲いて、深緑がキラキラ・・・ 空気が清涼で本当に綺麗~。
北の国での春到来は、体に染み付く喜びです。

夏は白夜・・・とまではいかないけど、ドイツも日がどんどん長くなってきてるので
桜は咲きだした・・・と思ったら1日で満開!! 
深緑もみるみる増えて急な展開にあたふた(急に薄着になるから、焦る~!油断してたるんだ二の腕などが・・・!)

<EKO-Haus>**桜満開**陽光キラキラ☆_a0289037_5103525.jpg


桜・木蓮 が満開で、眩しい光に透き通って溜息ものです。

桜を愛でるのには、「和」の施設 EKO-ハウス。 →前にも一度、秋に書きました
日本人コミュニティがあるデュッセルドルフ市内…その中でも特に日本人が多く住む
「オーバーカッセル」地域に、80年代後半に建設された寺です。

ドイツとは思えない写真でしょう?
カメラを構えたドイツ人も何人か来ていました。




<EKO-Haus>**桜満開**陽光キラキラ☆_a0289037_511856.jpg


門へのアプローチは、短いけれど桜の並木道。

小さな公園 (通称「赤ちゃん公園」)が手前にあり、ここは日本人幼稚園の隣、またEKO敷地内にも
日独幼稚園(一応日系だけど半数がドイツ人)があるので、最近から花見を兼ねてピクニックする日本人親子が目立ってきました。

<EKO-Haus>**桜満開**陽光キラキラ☆_a0289037_5113023.jpg

ここで数年前、長男入園式の日に撮った写真がお気に入り♪
日本人らしく着物でね・・。
このとき、次男はお腹の中に宿ったばかり☆ 
まだ周りに言いたくなくて、「胃が痛い」と嘘ついて早めに帰ったっけ。。。無事に生まれて良かった~。

今年は例年より2週間くらい遅れて、今が満開です。
陽射しはあるけど気温がぐんぐん上がるわけではないので、「なかなか散らない」のが日本との大きな違いかと思います。
桜の花見シーズン、まだしばらく楽しめそうです♪
 



EKO-HAUS
Bruggener Weg 6
40547 Dusseldorf
Tel.: 0211-577918-0
Fax.: 0211-577918-219
http://www.eko-haus.de/
バス 828,834,836 [Niederkasseler Kirchweg]徒歩5分ほど、庭園地下に駐車場あり



↓ ◆参考になったな~と思われたら是非クリック(一票みたいなもの)してください♪◆

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ


◆ご参考にして行かれたときには、掲載から時間が経っていてもコメント入れてくれるととても嬉しいです!!宜しくお願いします。◆

<EKO-Haus>日本庭園

# by yuck2012 | 2013-04-21 05:08 | オーバーカッセル<EKO-Haus>