人気ブログランキング | 話題のタグを見る

<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン

<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_351837.jpg


公園には黄葉した落ち葉の絨毯ができていて、きれいになってきました~。
でも、なんとなく美術館が続いていたので、その流れでここを紹介です。 書き始めちゃってたから・・。

「ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群」と、その敷地内(建物の延長)にある「レッド・ドット・デザインミュージアム」。

日本にいた頃は知らなかった、デュッセルドルフからケルン大聖堂と同じくらいの近距離にある世界遺産です。
日本人にとっては「世界遺産」はmust go的な存在なのですが、2度ドイツに来た両親を連れて行ったことはありません、なぜならミーハーな気持ちでイメージする優美なヨーロピアンらしさはないから。
一般受けするところではないので、要注意!

でも、とってもカッコいいとこです♪

とくに夜のライトアップ(時期限定)は、「戦前の錆びついた炭鉱」の先入観を覆すsuper cool!!な演出。
HPも洗練されているし、そうした写真も多くアップされているので興味がある方は見てみてください。

↑ 写真は、レセプションがあるフロアの、炭鉱ツアー最初の場面です。

5年ほど前に初めて訪れたとき、 「世界遺産なのに、ドイツ語しかツアーがない!?」という驚きは、
その後ヨーロッパの各所で日本人が抱く「世界遺産観」との温度差を感じた最初の経験でした。


<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_35719.jpg

19世紀半ば~末まで、「ルール工業地帯」を代表する施設として経済成長を支えてきた、当時世界で最も大規模な炭鉱だったとのこと。 戦時中もよく残りましたね~。

この凹凸がなく、且つリズミカルに配置された窓デザインなど、現代も建築家たちを感嘆させているだろう高いデザイン性!

このような赤レンガの建物やトップ写真のような剥き出しな鉄筋の建物などが広大な敷地に並んでいます。
ここにも!(ランゲン美術館を思い出して・・)
敷地内に2006年、初めて日本人建築家による新たな建物が加わったとのこと。(HPより)
ただ、広すぎる敷地内で、たぶんこの写真の場所から展望もできないのでは??というくらい離れています。
私は気付きませんでした・・・。 



<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_355199.jpg

赤黒く錆びた鉄鋼群の前に、こんなエスカレーターが上手く調和。 
ドイツらしく、その国旗を思い出させる大胆な配色・ヴィヴィッドさ・頑固さ。




<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_375975.jpg


そして鉄鋼群がまた最高の演出をして蘇っているのが、ここRed dot design museum.
世界レベルで、最新の機能美で称賛された日用品がディスプレイされています。

ところで

子連れ(とくにうちの次男くんのように歩きたがり&触りたがり)は危ないかも!
数回いきましたが、かなり前(長男がまだベビーカーで大人しいとき)でした~。
エレベーター完備なので、ベビーカーや車椅子では大丈夫です♪ 進んでるバリアフリー!

<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_361767.jpg

とても平面的な外観。
注意!他の建物と変わらないので、分からず仕舞いで帰ってきた友人がいます。



<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_393027.jpg

キッチングッズから、家具なども大量。
錆びた鉄骨の部屋はそのままキッチンやバスルームのショールームになっていました。


<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_3264272.jpg
それから、カフェレストランがまた良かったんです♪ カフェは敷地内に何か所かありますが(ショップも)
この「Casino Zollverein」は美術館横にあります。
雰囲気を壊さないこの装花を含めた内装!(写真がヘタで。。)
人気なのか急に人がいっぱいだったバーエリアも鉄骨むき出しでクールでした。 


<ツォルフェアアイン炭鉱>世界遺産とデザインミュージアムとレストラン_a0289037_3261417.jpg
知らずに入ったら、お洒落な内装とマッチする品のいいお食事。
バーがあるからいろんなお酒も飲めるし、カジュアルすぎず気どりすぎず、
美術館etcを含めて大人のデートスポットかな~!



ライトアップ&夏はプール、冬はスケートリンクが鉄骨に囲まれたスペースに出現するなど
ツアーも含めて対象年齢も様々な企画が魅力的!



<Stiftung Zollverein ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群>
http://www.zollverein.de/
Gelsenkirchener Straße 181 45309 Essen
tel: 0201-246810
10時~18時
デュッセルドルフから車で約40分
またはエッセン中央駅からトラム」[107]でzollverein下車目の前
<Red dot design museum レッドドットデザインミュージアム>
http://en.red-dot.org/
11時~18時(最終入場17時)
月曜休館
入場料6€ グループ・ファミリー割引あり
<Casino Zollverein バーレストラン>
月曜休み ほか11時半~0時

※カジュアルなとこだったら、<Cafe Restaurant "Die Kokerei">





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

by yuck2012 | 2013-10-20 01:33 | 車で行ける世界遺産  

<< うつくし~い黄葉x紅葉・ドイツ... <Schloss Dyck>ド... >>